スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目次

※クリック後、記事に飛べます。
・一撃必殺!!嫁と子供たちの一言   new(2014-10-29追加)
・家庭と模型製作の上手な付き合い方

・MG ザクVer.2.0製作記
・HGUC ガーベラ・テトラ製作記
・MG サザビーVer.ka製作記
・MG Hi-νガンダムVer.ka製作記   new(2014-10-29更新)
スポンサーサイト

20150405















MG Hi-νガンダムver.ka 製作記 #5

課長です。
今日はとりあえず。遠目に現状のνガンを載せておきます。
現状こんな感じです。


全体的に下半身のボリュームアップを行っています。
もともと結構ボリュームはあると思うのですが、さらにコチョコチョと切り貼り新規パーツを取り付けています。



全体的な感じを感じてもらえればいいかなと思います。
予定ではこれにシールド2枚が装備されるので、さらにさらにボリュームがついてくるかなと思います。
心配なのが、シールド2枚の重さに腕関節が耐えられるのか???それが心配です。



前回の記事あたりからショルダー部分を工作帳ですが、なかなか煮詰まっています。
こんなの作ってみたり。



のっぺりのショルダーを切り刻んでみたり。



ある程度まとまってきました。ショルダー部分に肩関節を露出させたり、ディテを追加したりとまだまだな感じです。
キットのショルダー部分は部品同士の合いが抜群すぎるので、あえて隙間から内部フレームがチラリと見えるのを狙っています。



今日はここまでですが、次回以降もショルダーの加工が続きますので、よろしくお願いします。

MG Hi-νガンダムver.ka 製作記 #4

課長です。

百式Ver2.0の発売決定ですね。
今月号のHJにのっていましたね。5月発売でしたっけ?
それまでにνガン完成させなくちゃ。



キットとの比較1



キットとの比較2



キットとの比較3



白いパーツの切り落としたディテをジャンクパーツを使用して再構築しました。



再構築のパーツを少し大きめにして、ここに別の装甲があるんだイメージを出してみました。



ショルダーに関してはいろんな面から追加ディテを行っていく予定なのですがまだイメージ不足です。

MG Hi-νガンダムver.ka 製作記 #3

お久しぶりの課長です。
携帯のカメラが壊れてブログ更新がなかなかできませんでした。
機種変更しましたのでこれから記事更新していきます。
いろいろ試しているのですが、今後は携帯カメラで写真を撮って、携帯からブログに写真を投稿。
その後PCで記事を書くようにしようかなと思います。
変な写真だけの記事が出てくると思いますが、そのうち記事が追記されますのでよろしくです。

νガンですが、ちょびちょび進行しています。1日1工程を目指して。。。
現在は肩部分を弄んでいます。

肩の上部部品ですが、ディテを除去。この後ディテを再構築していきます。


肩の前後の白い装甲部分のディテも除去します。ジャンクパーツを使ってディテを再構築予定。


お試し記事投稿ですので内容は???ですが、これからもよろしくお願いします。

MG Hi-νガンダムver.ka 製作記 #2

師走のこの時期、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ご無沙汰しています。課長です。

今年も残すところ数日となりました。
プライベート・仕事共に我ながら多忙な1年でした。

今年2014年のBESTニュースは
祝!!息子がガンプラはじめました!!!!
祝!!!娘がベアッガイFを見て、「くまさん、かわいいね」と言いました

残念!!!!嫁に「あたしには、関係ないからっ!!!」と言われました。はい。ざんねーーーーーーーーん!



さすがは子供です。この一か月で、息子はすでに3体のHGUCを組み立ててしまいました。
ビルドバーニングガンダム、ライトニングガンダム、ウイニングガンダム。
素組ですが、自分の部屋に嬉しそうに飾っています。
もちろん放送中のGBFトライも毎週録画予約、DVDレンタルで前作GBFも完璧です。

案の定、息子の小遣いはガンプラ3体買った時点でほぼゼロ状態。
しかし一大イベントクリスマスがあるじゃないかと言うと、彼はとんでもない要求をサンタさんへ出したのでした。

息子
「俺、ガンプラバトルシステムたのむねん!!!!!」
デデン!!!!!!!!

課長
「んrl4うhr49うhtc4んtぃclんr4ういn・・・・・・・!!!!!!!」
「息子よ。サンタさんは、タミヤのニッパーとHGUCの百万式、MGのスタービルドストライクガンダムをプレゼントしてくれるよ。それで納得してやってください。」


さて気を取り直して、Hi-νですが 大した進展はございませんがこんな感じです。


20141223-1.jpg
20141223-2.jpg
20141224-1.jpg
20141224-2.jpg
20141224-3.jpg
20141224-4.jpg
20141225-1.jpg
20141225-2.jpg
とりあえず改修に掛かっているのは、ヘッド、バックパック、胴体、脚。その他は手付かずです。
全体的に、キットのディテールが気に入らないので、ある程度ヤスリで除去し、プレーンな形にしています。
これから再度ディテールアップを行っていきます。
ヒザの変なバーニアディテを変更し、長四角バーニアにしたり、スジボリ追加したり、脚部分をちょっと大型化してみたり、いろいろしていますが、元キットと比べないと??ですよね。
まあそこら辺は、作業がひと段落するタイミングで比較してみようかなと考えています。
とりあえず今は、苦手なスジボリで手いっぱいな状況です(悲しい)。

今日はここまでです。

MG Hi-νガンダムver.ka 製作記 #1

ご無沙汰しています。
課長です。

最近の夢は、息子とガンダムビルドファイターズトライを毎週欠かさず見ることです!
現在、3話まで放送していますが、1話だけ一緒に観ました。

間髪入れず、「息子よ。物を造るってことは大切なことなのだよ。だからパパと一緒にいろんなものを造らないかい?」と。
ガンプラを一緒に作ろうというと嫁から、横ヤリが入りそうなので【物を造る】としました。

その後、彼はこういったのです。
息子「俺、このガンダムは好きかも。」
課長「うんうん!ではでは、さっそく買いに・・・・・」
息子「でも、ガンプラはせえへんで。なんかパパの部屋臭いし!(キッパリ)あ、そうや。妖怪ウォッチしよ♪」




なんかパパの部屋臭いし!

パパの部屋臭いし!
部屋臭いし!
パパ臭いし!
くさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさいしくさい




20141029.jpg

前作サザビー同様、かなり牛歩となりますが、よろしくお願いします!

MG サザビーVer.ka 製作記 #21(番外編)

課長です。
台風18号 関西圏はそれほどではなかったですが、関東は大荒れ模様のようです。
関東圏への転勤経験がある私としては、みなさん 十分にお気を付け下さい。

さて、MG サザビーVer.kaのオークションが終了しました。
10/5時点で落札者様へ商品が無事到着したこと確認できております。
落札者様よりは迅速なお取引をいただきまして感謝申し上げます。



さて次回作は・・・・。

MG Hi-νガンダム Ver.ka HWS(最終形態)

さて、どんなものに仕上がるか。
当方もいろいろ考え中ですが、使用キットだけは決まっています。

1.MG Hi-νガンダム Ver.ka × 1個
2.MG Hi-νガンダム Ver.ka HWS拡張キット × 2個

何とか形になるようにまとめていきたいと考えていますが、さてどうなることか!!!

MG サザビーVer.ka 製作記 #20(完)

仕事ひと段落の課長です。
どうも、どうも。


MG サザビー Ver.kaをオークションに出品しました。
もし興味がわかれたら、ぜひご覧ください。

オークションはこちら!!
08.jpg



どうぞ、よろしくお願いします。

MG サザビーVer.ka 製作記 #19


仕事ーーーー!!
しごとーーーー!!
シゴトーーーーー!!

1に仕事。2に仕事。3・4が仕事で。5に仕事!!!!
仕事人間課長だ――――。




前回ブログ更新8/5以降、仕事中心の生活になっていまして。
なかなかガンプラに時間が取れません。

前回の記事なんだったかな状態ですが、ファンネルディスプレイの新たな問題でしたね。
こんなにちょちょいで解決しています。盆休みのあたりで・・・・。


新たな問題点とは、写真を見てもらえればわかるとおり、まがってるんです。
支柱の強度が足りません。でしたので、支柱を2mmアルミパイプに変更です。


20140910-1.jpg
まっすぐだと垂直ですが


20140910-2.jpg
ファンネルを傾けると曲がります。


20140910-3.jpg
20140910-4.jpg
20140910-5.jpg
2mmアルミパイプに置き換。



20140910-6.jpg
20140910-7.jpg
20140910-8.jpg
20140910-9.jpg
20140910-10.jpg

後、不安定さを解消するために土台も大きなものにしました。
新たな土台は、使い終わった塗料のふたです。
さらに、中に鉛を仕込んみました。ちょっとの事では倒れません。


20140910-11.jpg
20140910-12.jpg
20140910-13.jpg




これで、製作はひとまず終了です。
20140910-15.jpg
現在撮影に入っておりますので、もちょっとしたらアップできると思います。






今日はここまで。



MG サザビーVer.ka 製作記 #18

夏場にエアコンをつけないで模型製作に集中していると、ボクサーの気分が味わえる。
あるある。




前回のファンネルディスプレイ初号機の問題点。
1.角度調整ができない
2.高さ調整ができない
3.不安定


まずは、1.角度調節の解決方法はジョイントを追加します。


コトブキヤ Hジョイントを使用しました。
こんなパーツです。
140805 (16)
140805 (17)
140805 (1)


0.7mmステンレス線を通すために、ジョイントパーツに穴をあけます。
こんな感じ。ギリギリでした。
140805 (2)


ファンネル側にも穴をあけて、接続します。
そしてステンレス線を差し込みます。
140805 (3)
140805 (4)


ファンネルがステンレス線に対して、上方向、下方向へ自由に角度調整できるようになりました。
140805 (5)
140805 (6)
140805 (7)


ファンネルのが外装を装着しても試してみました。
どうでしょうか?ジョイントパーツもファンネルの羽に隠れて 目立たなくていい感じではないでしょうか。
140805 (8)
140805 (9)
140805 (10)
140805 (12)

140805 (11)


つぎっ!!


問題2.高さ調整について


これもジョイントの追加で解消します。


当初はステンレス線1本を支柱としていましたが中間ほどで切断し、ジョイントを仕込みます。
そしてこうなる。赤丸印です。
140805 (13)
140805 (14)
140805 (15)


2つのジョイントを追加した関係で、ファンネルの角度調整 と ファンネルの高さ調整が可能となりました。



最後は不安定さの解消のみです。と思っていましたが、ジョイントを仕込んだことにより新たな問題が発生しています。
また次回の記事でと思います。


今日はここまで。

MG サザビーVer.ka 製作記 #17

塗装も終わり、デカールも貼りトップコートも済んでいるサザビー。
本体は完全にロールアウト待ったなし なのであります。


思い付きからのファンネル射出状態のディスプレイ方法。
≪考えるより、手を動かせ!!≫
といずれかの偉人の言葉のように手を動かしました。




ファンネルディスプレイの基部は、とりあえず手元に残っていたメタルバーニア。
一番大きなもので、最大径15mm程でしょうか。基部に使用します。
140804-1.jpg
140804-2.jpg




支柱は、径0.7mm×長さ30mmのステンレス棒です。
ホームセンターで購入。




メタルバーニアに中に、モリモリ君を流し込み、型を取ります。
その型の中央に径0.7㎜で開口します。
140804-4.jpg




メタルバーニアをかぶせて、ステンレス棒を通し 直立させます。
140804-5.jpg
140804-6.jpg
140804-7.jpg




ファンネル側にも径0.7㎜を開口し、ステンレス棒を差し込みます。




ここで一つの不安が。
ファンネルを取り付けて重心が上に着た状態ではたして立つのか?という疑問。
恐る恐る、立せてみると・・・・。
無事 立ちました。
140804-10.jpg
140804-9.jpg
140804-8.jpg




簡単ですがこれで完成となります。
結果、シンプルな構造になりました。




記念に本体と撮影しました。
140804-11.jpg
140804-12.jpg
140804-13.jpg
140804-14.jpg




・・・・・・。
悪くない。うむ、悪くはないのですが。
シンプルすぎる?
高さ調整の手段がない?(ステンレスを切って高さ調整するしか)
角度の調整は?
立ってはいるが不安定?(基部を重くして重心を下に置く?)


考えるより手を動かした結果、いろいろな問題点が露出しました。
今回は試作品として、今後少し改良していく予定です。
せっかくですからいいものに仕上げたいですよね!!!!


今日はここまで。

MG サザビーVer.ka 製作記 #16

夏バテ~

ファンネルを射出形態で作ってみたのですが・・・。
20140729-1.jpg
20140729-2.jpg
20140729-3.jpg
20140729-4.jpg
20140729-5.jpg





ディスプレイの方法で悩み中です。
映画[逆襲のシャア]で確認したのですが、ファンネルコンテナから
ファンネル出すときって、バーニア起動させずに無重力空間にふわ
っと射出されるのですね。

バーニアが起動するのは、「いけ、ふぁんねる!!」のセリフと
同時に敵周辺へ一直線にぶわーって。

コンテナとつなぐのは、おかしいっぽいです。
そしてこう考えた!!!!
※課長に絵心は求めないでください。






























・没ネタ
20140801-1.png




・ファンネル専用台座を計6個用意して、ディスプレイした方がいいのかな。
これだと支柱をいろいろな長さ用意すれば、自由に配置できるしなあ。
20140801-2.png





今日も暑いなあ。

とりあえずゆっくり考えます。

今日はここまでです。




MG サザビーVer.ka 製作記 #15

すっかり忘れ去れていたビームサーベル類。
グラデ塗装でいきます。



キットに白サフを吹いたところです。
今回グラデ塗装なのですが、透明感は無視します。アニメチックに行きます。
クリアグリーンを、溶剤でかなり薄めて、低圧で吹いています。
乾燥時間をおいて、1000番スポンジヤスリで、グリーン着色部分をかるーくこすり、下地の白サフ色を復活させます。
注意するのは、ビーム放出部に近いところは白っぽく、外に行くにつれてグリーン色を残す事。
それとメリハリを大げさに付けても、雰囲気が出ていい感じになります。
これでグラデ塗装の出来上がりです。
20140715-1.jpg
20140715-3.jpg
20140715-4.jpg
20140715-5.jpg
20140715-6.jpg
20140715-7.jpg



次にバズーカの先にメタルパーツを仕込みます。

プラ板から切り出したものを
20140722-1.jpg


裏から貼り付け
20140722-2.jpg


こんなメタルパーツを
20140722-3.jpg


仕込みます。
20140722-4.jpg


そして、バズーカ本体に組み込みました。
20140722-5.jpg
20140722-6.jpg



最後にファンネルですが、まだ完成形は見えませんが今はこんな感じ。
ファンネルを飛ばした時のディスプレイを作りたいですね。
どのようにして、飛翔状態を固定するか考え中。
20140722-7.jpg




今日はここまでです。

MG サザビーVer.ka 製作記 #14

サザビー製作に関してはほぼ全体塗装は終了し、デカールも張り終えた状態です。
これからは、細かな部分のディテール追加を行っていきます。
ので、地味な作業が増えていきます。



その地味な作業が終われば、トップコートの後に完成となります。
焦らずにゆっくりと完成に向け進めていきます。



まずは胸元。キットでは動力パイプが一体型のパーツになっていたので基部を切り落としメタルパイプで作り直しました。
が、まだ胸元がさびしいようなので、追加ディテを検討中。20140714 (2)




ショルダー部分。中がすっからかんでしたので、大型丸バーニアを追加しようと考えましたが、大方の人がしている工作なので2連ダクトノズルを追加しようと考えちまちま作業していました。
ノズルのフィン部分は、別パーツとして作りこみ、オレンジ色で着色してみました。
20140714 (3)
20140714 (4)
20140714 (5)
20140714 (6)
20140714 (7)
20140714 (8)



プロペラントタンク部分の先に2mmの赤丸ディテUP。
小さなパーツですので慎重に中央にあたりを付け、0.5mm→1.0mmのピンバイスで開口後、埋め込んでいます。
デカールは見栄えする赤文字大判デカールを採用。
20140714 (9)
20140714 (10)
20140714 (11)
20140714 (12)
20140714 (13)
20140714 (14)



武器類。バズーカの弾倉は、マスキングにて塗り分け。細かいマスキング作業なので漏れが無いように注意しながらの作業です。
スコープ部分にはメタルパーツ+高反射レンズを採用。
ロングビームライフル+バズーカのドッキング。(※写真のスコープ部分は、メタルパーツ加工前です。撮り忘れの為ご容赦を。)
20140714 (15)
20140714 (17)
20140714 (16)
20140714 (18)
20140714 (19)
20140714 (21)
20140714 (20)
20140714 (22)
20140714 (23)



メガ粒子砲の発射口は、メタルパーツ化。
キットではすべて一体型パーツだったので、別パーツ化。
20140714 (24)




今思い出した。
ビームアックスとかの塗装をすっかり忘れていました。
どうしましょうね((+_+))





今日はここまでです。

MG サザビーVer.ka 製作記 #13

最近はもっぱら武器を製作中です。


20140707-1.jpg
まずはこの部品。
1cm四方のプラ版に、2.5㎜丸型マイナスモールド。
マイナスモールド部分にはしっかりスミイレをします。



20140707-2.jpg
武器本体の方には、3mmの穴を開口。
大きな径の穴を開口するの難しいです。
2.5mm位までの穴ならすんなり開くのですがね。



20140707-3.jpg
20140707-4.jpg
20140707-5.jpg
20140707-6.jpg
裏側から仕込んでみました。
しっかりと丸が中央にくるように仕込みます。
マイナスモールドの方向も間違わないように!



20140707-7.jpg
20140707-8.jpg
20140707-9.jpg
現在の全体画像。


このように毎日ちまちまと、確実に作業しています。


そうそう、流しそうめん押しました。
子供たち大満足です。
20140707-10.jpg



今日はここまでです。

MG サザビーVer.ka 製作記 #12

ロングライフルとバズーカのドッキング~。
サフ吹きして、一気に基本塗装を終わらせました。
20140704-1.jpg





ついでに追加ディテの部品を取り付け。
予想以上に基本黒系塗装からの、赤ディテアップ部品がかみ合っていてテンションアップですね。
もうちょいディテアップします。
20140704-2.jpg

次は弾倉パーツの塗り分けですね。
細かなマスキング作業は集中力が大事なにで、今晩一気にやってしまします。




20140704-3.jpg
跡形の裏側に2連バーニアを仕込む工作。
場所的に。こんな感じで設置です。
これじゃいまいちわからないですね・・・・。

MG サザビーVer.ka 製作記 #11


仕事から帰るとお届け物が。
先日購入したシナンジュ用バズーカが到着していました。
20140701-1.jpg


早速開梱。ほほう、なかなか。いいですね。これで付録ですか!
20140701-2.jpg
20140701-5.jpg
20140701-4.jpg

あれれ、説明書がない。

まあ何とかなるかと考え、ヤスリをかけながら製作開始。
途中、説明書をネットからダウンロードしながら素組み完成。
20140701-3.jpg


弾倉部分が露出しますので、塗り分けしなくてはいけませんね。
20140701-6.jpg


長いバージョンもいいけど、短いバージョンもナイスなデザインですね。
20140701-7.jpg


次はサフ吹きます。

MG サザビーVer.ka 製作記 #10

久々の更新となってしまいましたが、サザビーはちまちまと進めています。
模型製作もある程度進んでくると、細かい作業も多くなり、劇的な変化がなくなってくるわけです。
でも確実に完成には近づいて行っているはずですので、要はモチベーションを維持するのが大事になっています。
一番のモチベーション維持は、お気にのオープニング曲やガンダム映画を垂れ流しで聞いたり見たりすること。

当たり前のようにしていると、大体嫁に怒られますwww

嫁「テレビ見るのか、(ガンダム)作るのか、どっちかにしいよ!」




さてサザビーの製作状況です。
本体の塗装・スミイレは、99%終了している状態です。


現在はデカールを貼っています。
こんな感じです。
デカール残りもあと少し。
焦ってもいいことは起こらないので、のんびり淡々と作業中です。
20140630-5.jpg
20140630-4.jpg
20140630-3.jpg
20140630-2.jpg
20140630-1.jpg
20140630-10.jpg




武器類も少し取り掛かっています。
ショットライフル方は、完成済みです。画像とり忘れました。後日。
ロングライフルは、やっぱりバズーカと連結させたいよねと考え、ヤフオクでシナンジュ用バズーカを購入して到着待ちです。
キットのロングライフルではモールドがシンプルなので、ディテ追加を考えています。
追加する箇所は、写真で穴開けているところ。
20140630-7.jpg
20140630-8.jpg
20140630-6.jpg





肩アーマーの裏側 改造を一部取り掛かっています。
キットのままだとなんかすっからかんなので、大型丸バーニアを仕込もうか迷いましたが、結構みんなやってますよね。
どーんと大きなバーニア仕込んでもでもかっこいいのですが、課長は四角い2基連装バーニアを自作して仕込み体と思います。
一部画像。(まだまだ考え中)
20140630-9.jpg


今日はここまで!

MG サザビーVer.ka 製作記 #9

今日から関西圏も梅雨入りしたとの事。
塗装には厳しい環境です。

雨の日は、塗装以外の事をしたり、この娘と遊んでいます。
DSC_200 (61)
DSC_0035.jpg
DSC_200 (41)
DSC_200 (55)







20140605-1.jpg
サイコフレーム風に。メッキシルバーからのクリアグリーンを塗装。



20140518-1.jpg
20140518-2.jpg
ライフルの先端の発射口部品が写真のようにキットでは一体型でしたので、パリッと塗るわけがしやすいように口部分を削除してしまいます。
基部はブラック系にして、口(上部)はメッキシルバーとしました。口(下)は後日作ります。


このキットは、外装は赤系3色が使用されます。
ほとんど変わらない3色で制作している同志もいますが、課長ははっきり色の違いが判るように塗装します。


鮮やかな赤:下地ホワイト→シャインレッド
薄い赤:下地ホワイト→シャインレッド+ホワイト少量
濃い赤:下地ホワイト→シャインレッド→あずき色


20140605-2.jpg
鮮やかな赤と濃い赤の違いはこんな感じで違います。
いろいろ撮影したのですが、これが実物の色味に最も近かったです。
(観覧されているPCにより色味は若干異なると思います)


20140605-3.jpg
20140605-4.jpg
フロントアーマーも塗装完了しています。
キットの既存ディテの中央に0.5mm角棒でディテ追加しています。


今日はここまでです。

MG サザビーVer.ka 製作記 #8

サザビーは、シールドやウェポン類に取り掛かっています。



まずはシールド。
シールド裏側はマスキングで塗り分けし、ディテアップです。




20140522-1.jpg
まずは、0.5mm×0.5mmの四角棒を長さ1mmに切り出し、レッド色に塗装。




20140522-2.jpg
こんな感じに、凹部にに設置していきます。
手がプルプルします。




20140522-3.jpg
慎重に接着していき、こんな感じです。




20140522-4.jpg
20140522-5.jpg
20140522-6.jpg
さらに、HIQ製のディテ用丸型エッチングパーツにプライマー→レッドを塗装。丸ディテ部分に設置しました。
エッチングパーツの大きさは、2.5mm径です。
これもプルプルしながら、慎重に設置していきます。




20140522-7.jpg
シールドミサイルも、レッド・ホワイトをマスキングで塗り分けています。





20140522-8.jpg
ウェポン(バズーカ)のディテアップは、控えめにしました。
0.5mm×0.5mmの四角棒を長さ2.5㎜位に切り出し、新規追加。
同じくエッチングパーツにプライマー→レッドを塗装して新規追加。
おとなしすぎるかな??




20140522-9.jpg
20140522-10.jpg
20140522-11.jpg
チラっ

MG サザビーVer.ka 製作記 #7

めっきり熱くなりました。
作業部屋が結構、熱こもっています。
課長的には、寒いより厚いほうが得意なのですが、厚すぎると作業するには、ちょい しんどい。
そろそろ、エアコンの出番か?

ども、課長です。






20140519-3.jpg
20140519-4.jpg
シールド裏側をマスキングして塗装しました。
一段階白いグレーでを採用です。
厳重にマスキングしたのでばっちり 塗り分け完了となりました。



20140519-1.jpg
足首のシリンダー部分
キットでは一体型のパーツでしたので、ラピーテープを張りました。
結局 見えなくなりますけど・・・・。



20140519-2.jpg
プロペラントタンクの塗装が完了しました。
基部はメッキシルバーで塗装。
タンク部は、ホワイトで塗装。
先っぽは、セールカラー(NO:C45)で塗装。


今日の作業はここまでです。

MG サザビーVer.ka 製作記 #6



装甲からチラ見している内部フレームを、メタリックなグリーンで塗装しました。
サイコフレームの発光を意識してみましたがどうでしょうか。




20140515-1.jpg
20140515-4.jpg
20140515-3.jpg
20140515-2.jpg
前処理としてまずは厳重にマスキング後、サフ→1500サンド掛け→グロスブラック→メッキシルバー→クリアグリーンで塗装しています。
メッキシルバーへのクリア系塗装は、初めてなのでうまく色がのってくれるか心配でしたが、問題なしでした。




20140515-5.jpg
最後に装甲に組み込むと、このようになります。
内部サイコフレームが発光しているようです。




20140515-6.jpg
内部型フレームも塗装しました。マスキングによる、塗り分けです。
光ってますね。映り込んでます。
下地をしっかりと処理していないと、こんな風に映り込みません。
やっぱり、下地処理は重要です。


今日はここまでです。

MG サザビーVer.ka 製作記 #5

ゴールデンウィーク中は、用事がたくさんありブログ更新ができませんでしたが、休み中含めいくらか前進しましたのでブログ更新です。
今回はバーニアのノズル埋め込みや、バーニア多重化等を行っています。
また細かな部分のマスキング塗り分けも行いました。




20140509-1.jpg
20140509-3.jpg
20140509-2.jpg
20140509-4.jpg
20140509-5.jpg
脚部の大型バーニアにノズル追加とバーニア多重化を行いました。
多重化には、在庫であったメタルパーツ2種を使用。
バーニア外枠は、メッキシルバー塗装。
バーニア内部枠は、キャラクターイエロー塗装。




20140509-6.jpg改修前
20140509-7.jpgノズル追加
20140509-8.jpg改修後
20140509-9.jpg
20140509-11.jpg
20140509-12.jpg改修後(左)、改修中(右)
その他すべてのバーニアにも、ノズルを追加設置しました。





20140512-1.jpg
20140512-2.jpg
リア部分の一体型パーツのフィンなどをマスキングで塗り分けしました。




20140512-3.jpg
これはフロント部分のパーツ。
フィンが一体型になっているのでマスキングで塗り分け。




20140512-4.jpg
プロペラントタンクは、設定ではブラックですが、ホワイトに変更。
基部をメッキシルバー塗装。




20140512-5.jpg
脚部の内部フレーム。一部をシルバー塗装しました。
組み込んでしまうと見えませんが、こだわりたくなる部分です。




20140512-6.jpg
リアの内部フレームについているタンクのダボもしっかりもマスキングで塗り分けです。




20140512-7.jpg
同じくリアの内部フレーム。
基本的に塗装で塗り分けていますが、タンクの2連ディテにメタルテープ(グリーン)を接着しています。




20140512-8.jpg
20140512-9.jpg
リア内部フレームは、ほぼ完成したかなと思います。
細かなところは今後 仕上げていく予定です。




正直、サザビーVer.kaは、最新キットですので、塗り分けなマスキングはあまり必要ないと思っていましたが、意外とマスキング箇所が多く製作スピードが上がりません。
ただ、模型環境を整えたり、初めての試みを行ったりで何とかモチベーション維持を行っております。
また、課長の模型製作時間は1~2時間/日と限られているので進みも牛歩です。
日々 少しづつでも完成日被いていることを考えると、やっぱり模型っていい趣味だなと感じました。

合気道 演武発表会

先日は息子の合気道 演武発表会でした。
由緒正しそうな公会堂で、行われました。

当日はあいにくの雨模様でしたが、いろんな支部からたくさんの方が来てました。
3歳くらいの子供から年配の方まで。

私たちは最初から最後まで残ってみていましたが、けがをする人もなく無事終了しました。


20140502-1.jpg
20140502-2.jpg
20140502-3.jpg
20140502-4.jpg
20140502-5.jpg

MG サザビーVer.ka 製作記 #4

塗装ブースのメンテを全く行っていませんでした。
排気能力が低下して、部屋中 シンナー臭がすごい。
中のメッシュ状のフィルターは、溶剤にやられてしまってちょっと触るとボロボロ。
近いうちにメンテナンスします。たぶん。





さてファンネルの組み立てをします。前回で塗装は終わったので今回は組み立てだけ。
140423-1.jpg
140423-2.jpg
シルバーメッキ塗装がうまくいって良かったです。フェンネル開閉の写真です。




内部フレームにあるディテール部分です。
使うのはやっぱりこれです。
140422-4.jpg
「俺の必殺技!Mr.カラー スーパーメタリック メッキシルバーNEXTネクスト!!!」




140424-1.jpg
140424-3.jpg
140424-2.jpg
赤丸部分をピンポイントでメッキ塗装を行います。
厳重にマスキングしました。マスキング漏れを防ぐために念入りに行いました。





140424-5.jpg
140424-6.jpg
マスキング後、光沢ブラックを吹きます。
メッキの下地には定番。
心の中で、マスキング漏れがありませんように。





140424-7.jpg
乾燥時間をおいて、メッキシルバーを数回に分けて吹きました。






140424-8.jpg
140424-9.jpg
乾燥時間をおいて、いよいよマスキングを剥がしていきます。
ぺり。ぺり。





140424-10.jpg
140424-11.jpg
いい感じに仕上がりました。
塗料の漏れなんかもなく、内部フレームのいいアクセントになりました。





さて週末は、仕事で社長と食事、ゴルフです。
あまり時間取れないかもしれません。

MG サザビーVer.ka 製作記 #3

今日は、ファンネルの中のお話。

ファンネルの中の機械部分は、メッキ調に仕上げます。
仕上げるのに必須なのは、コレ!!!
Mr.カラー スーパーメタリック メッキシルバーNEXTネクスト
スーパーロボットの必殺技のように長ったらしい名前のカラー。







140422-4.jpg
「俺の必殺技!Mr.カラー スーパーメタリック メッキシルバーNEXTネクスト」
なげーよ!!


この塗料は、エアブラシ可能な濃度に調整してあるので、薄めずにそのまま吹きます。
メッキ上に仕上げる手順は。
手順1.まずはサフ吹き
手順2.1000番ペーパー処理
手順3.光沢ブラックを吹く
手順4.メッキシルバーを数回に分けて吹く(低圧、絞り気味)



4で、厚く吹くと光沢が失われて、メッキ調にはなりません。ただのシルバーになってしまいます。
加減が難しい塗料と言えるでしょう。
また、コートのクリアも吹いたらダメとのことです。これまた光沢が失われてしまいます。



前置きが長くなりましたが、写真で紹介。



140422-1.jpg
140422-2.jpg
140422-3.jpg
光沢ブラックを吹いた画像です。手順1.2.3.まで処理。
テカっています。



140422-5.jpg
140422-6.jpg
1回目メッキシルバーを吹きました。
なんだかザラザラで、黒っぽいですね。



140422-7.jpg
2回目メッキシルバーを吹きました。
メッキ調が出てきました。
わかるように1個だけ、1回目シルバーを混ぜてみました。



140422-8.jpg
140422-9.jpg
仕上げに3回目のメッキシルバーを吹きつけました。
メッキと同じような光沢が生まれました。




ネットで調べてみると、特徴は下記のようです。
・メッキ調仕上げが可能
・上塗りでクリア塗装はダメ
・エナメル塗料によるスミ入れは可能
・十分な乾燥後、マスキングは可能
・油分には弱い(後で色がくすんでくる)

簡単に言えば、こうなります。非常に簡単です。

下地は、つるつるにして、光沢ブラックを塗り、圧を低く設定したエアブラシで軽く数回吹いた後、十分に乾燥させる。
キット組み立ての時に、べたべた手で触らずに、スマートに組み立てる。クリアコートはしない。

MG サザビーVer.ka 製作記 #2

本業が忙しく、チマチマと作っております。


DSC_0001.jpg
白サフを吹きました。



DSC_0004.jpg
DSC_0002.jpg
DSC_0003.jpg
反射テープを張り付けて、ヘッドのセンサー部を製作しました。
こういうひと手間が、作品のレベルを上げる・・・・・と信じたい!


GWは、模型三昧と行きたいのですが、他用もあり、どこまで進められるか(-_-)

MG サザビーVer.ka 製作記 #1

夜もめっきり暖かくなって模型の季節がキターーーー!!
現在作っているこれ!!
140416(22).jpg
じゃなくて。




ウソです。
MG サザビーです。






フレームは、サフ吹き終わって換装中です。
また今度画像のせることにしますね。




140416 (2)
140416 (1)
マスキングで塗り分けしてます。
フレーム色一色だとなんかインパクトなかったので・・・。
楽しいマスキングです。


140416 (3)
140416 (4)
マスキング後、ホワイト吹いて。


140416 (5)
140416 (6)
ぺりっとな。いい感じです。
マスキング漏れしたところは後でリタッチして修正します。
びしっと決まると快感。


140416 (16)
140416 (15)
140416 (17)
140416 (18)
140416 (19)
140416 (20)
ヘッドのモノアイはお決まりの、メタルパーツ化しています。



140416 (8)
140416 (10)
140416 (9)
シリンダーの受けの部分を、ホワイトにしました。
ここもホワイト一色だと、なんだかなーと感じたので一部マスキングして塗り分け。
シリンダーは、アルミに差し替えしました。
元の軸を切り飛ばして、アルミの軸を接着しています。画像はまた今度。


140416 (11)
140416 (12)
140416 (14)
140416 (13)
外装のレッドの下地として、ホワイトサフを吹きました。
レッド色の下地はホワイトに決まってます。
グレーサフだと濁ったレッドになるんでね。
外装は、今後3種レッド色を作って、塗り分けます。



DSC_200 (74)
DSC_200 (73)
フレームのシルバー部分は、グロスブラックを吹いた後、軽くシルバー散布。
ガンメタみたいな感じになっております。



最近、子供たちが妖怪ウオッチにはまっています。
かなりユーモアなアニメです。嫌いじゃないです。
ロボニャンが、かなりかっこいい!!

「 I'll be back 」

課長 出撃のお時間です

みなさん、とうとう行ってしまった課長です!!
どこにというと、ここーーーー!!





ガンダムバー  三宮店
思わず課長も、シャア・アズナブルです。
DSC_0264.jpg
結構、繁盛してましたよ。
帰るときはシャア大佐に「じーく・ジオン」(敬礼ビシッ)を忘れずにお願いします。



MG サザビーVer.ka 製作中です。
DSC_0253.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。